In order to give you a better service Airbus uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies I agree

最新のエアバスニュース

プレスリリース

8/6
2019

A220-300、中部国際空港に飛来

中部国際空港に飛来したA220-300

エアバスのA220-300が中部国際空港セントレアに初飛来しました。アジアの各都市に飛行するデモ飛行ツアーの一環で飛来し、関係者に披露されました。飛来したA220-300はテスト機で、モノクラス仕様の客室に143席を装備しています。

セントレアで航空会社やリース会社、報道関係者などを乗せて1時間のデモ飛行を実施し、最先端の運航性能や快適な乗り心地、日本での運航における利点などを紹介しました。

A220ファミリーはA220-100とサイズの大きいA220-300で構成され、100席から150席市場に対応する旅客機です。

A220の航続距離と輸送能力は、日本から新たな地域路線の開設や、利益性はあるが比較的旅客数の多くない路線での運航に最適な機体です。また、国際線から国内線および地域路線への乗り継ぎにおいてコスト効率の優れた運航が可能です。

A220ファミリーは、A320ファミリーを補完するため、A320を運航する航空会社にとって適した機材です。また、旧世代機と比較して1飛行あたりのコストを低く抑えることができます。

現在、アジア太平洋地域では大韓航空が韓国内および国際線でA220-300を運航しています。また、バヌアツ航空が4機のA220(A220-100を2機とA220-300を2機)を2019年2月に発注しました。

エアバスはアジア太平洋地域における単通路型機市場において60%以上の市場シェアを確保しています。現在3,000機以上が80社によって運航されており、受注残は1,500機を超えています。

日本はエアバスにとって航空機の販売、産業パートナー、航空機ファイナンスにおいて重要な役割を担っています。現在100機以上のエアバス機が日本の航空会社によって運航されています。特にLCCが運航する機体は90%がエアバスのベストセラー機A320です。また、エアバスは今年にANAのA380とJALのA350 XWBを納入しており、日本におけるワイドボディ機市場のシェアも増加しつつあります。

エアバスと日本の産業協力は20年以上の歴史があります。現在100社以上の日本の航空会社がエアバス機プログラムやエアバス機のエンジンに参画し、高品質な製品とサービスを供給しています。

エアバス・ジャパン・ニュースレター

Back to top